アプリケーション・デリバリ・オートメーション

アプリケーション・デリバリ・オートメーション




アジャイルな組織を運営するためには、ITの活用が不可欠です。 IT技術によって、新製品を投入するにしてもいかに素早く差別化するかが鍵だからです。同時に、パブリック・クラウドが広まるにつれ、サービス配備が責務であるIT部門は増大するプレッシャーを克服せねばなりません。
しかし、レガシーシステムと手動プロセスは、新しいアプリケーションを提供することが非常に難しくします。それはどこです アヌータ・ネットワークス NCX こそが、このような問題の解決に威力を発揮します。

アプリケーション・デリバリ・オートメーション

アプリケーション配信の課題:



  • 影響範囲にあるレイヤや利用すべきツールポイントが多すぎるため、アプリケーション配備に多大の時間を要する



  • マニュアル作業で誤設定が発生 、セキュリティポリシーに反する設定をしてしまう



  • OPEXは、アプリケーションの所有者からの変更要求を処理するために増加

  • 複数のベンダーのデバイスを管理することは、コストのかかる証明されます



  • 既存のアプリケーションが多数稼働・存在することにより、最新技術の適用・検討が阻害される

NCX による解決策:



  • ファイアウォール、ADC、GSLB、WANオペアンプ、プロキシ、MPLS、QoS、およびIPAMを含むL2-L7サービスをサポートする包括的なネットワークポリシーの自動化を実現

  • 設定者や利用者の権限範囲(ロール:役割)に応じて、アクセスコントロールを適用、プロビジョニング実施やプロビ解除の設定作業を自動化。模範的設定を誤りなく行うことで、規制産業における法令遵守を担保

  • セルフサービス紹介し、IT管理者の介入なしに、インフラストラクチャの変更を行うために、アプリケーションの所有者を可能にします

  • データセンター内の各技術のためのマルチベンダーのデバイスをサポートし、複数のベンダーのGUIやCLIを習得する必要性を排除します

  • 既存のネットワークサービスを検出して、それらのためのセルフサービスの自動化を可能にします。これは些細なネットワークの変更からIT管理者を解放し、彼らが新しい技術を評価し、展開に焦点を当てることができます