豪通信大手テルストラ

テルストラは、1000社以上にものぼる、金融、石油等の企業顧客にパブリック・クラウド・サービスを提供しています。テレストラが提供する多くのサービスの中でも、とりわけ重要なものとして、インターネットやDR(Disaster Recovery)サービスがあります。

課題:


新規顧客にサービスを提供する際、クラウド・ネットワークを担当する複数のチームが個別に連携することなく業務を進めていました。各々のチームが週単位での担当作業期間を費やして、それぞれが担当する部分の計画・設計・実装を進めていました。加えて、人手による設定や作業標準の不備から問題が発生し、新規顧客へのサービス提供に遅延が発生していました。

NCX による解決策:


Anuta NCXは、マルチベンダー環境の物理および仮想化ネットワーク・インフラに対応、仮想化ネットワークを数分で立ち上げることが可能です。REST APIでテルストラのクラウド・ポータルと連携することにより、セルフサービスを導入しました。顧客自身が、テルストラのポータルからサービス・オーダーを発行することができるとともに、数分で、テルストラ・クラウドのエッジ基盤の複数のエンドポイントをオーケストレーション構成できるようになりました。

NCXは、ネットワーク基盤を継続的に監視し、サービス異常が発生したら即座にアラームを出力します。さらに、ネットワーク資源プールを管理、基盤利用の最適化を支援します。また、NCXは、インフラの退役作業を自動化も行います。資源利用についての報告リポートをBSS/OSSに配布することも可能です。本ソリューションにより、サービスや可用性を向上させつつ、運営経費の低減を達成しました。

“アヌータ・ネットワークスが提供する先進のサービス・オーケストレーション・ソリューションは、テルストラのクラウド・ネットワークの自動化に対応する能力を持っています。結果、顧客がより簡単に素早く、我々のパートナーのクラウドに接続することができるようになりました。われわれは、アヌータのチームと蜜に連携して作業すること、ユーザー利用シーンや対応ワークフローを開発しましたが、それは、非常に有意義な共同作業でした。実際、全プロジェクトは2ヶ月で完了、オーケストレーションと他のコンポーネントとの統合を実現しました。”

クレイグ・フルトン氏 (テルストラ、 クラウド・エンジニアリング責任者)

完全なケーススタディをチェック ここに