仮想CPEソリューション

仮想CPE (Virtual CPE)


仮想化CPE (Virtual Customer Premises Equipment)とは、ルーター、セキュリティ機器、VPN、NAT、WAN最適化機器などのネットワーク機能を汎用サーバー上に 実装したソフトウェアです。つまり、ネットワーク機能を、ETSI NFVフレームワークをベースとする仮想化技術で実装したもので、従来の設備系を高速で軽快な実体に置き換えるものであり、共通機能や複雑なトラヒック制御などをPoP(Point of Presence)や中央のデータセンターに移すことになります。

vCPEソリューションにより、マルチベンダー環境の多様な物理デバイス機器を必要とするような各種事業領域に対して、複数のサービスを適切に提供することが可能になります。結果として、数百の遠隔拠点やサービス提供の加速化を通じて費用低減とコスト削減を達成することが可能です。

vCPE溶液は用の著名なユースケースとして浮上しています ネットワーク機能仮想化。たくさんの サービスプロバイダ(CSP、MSP)、 システムインテグレータと 企業 (このようなリテール支店などの分散した場所で、ATMは)動的に顧客の需要あたりとしての容量を調整するvCPEを採用しています。

Anuta NCX vCPEソリューション


Anuta NCX vCPEソリューションにより、拠点に配備されている汎用x86サーバー上に、CPEネットワーク機能を設定することが可能です。ルーター、NAT、VPN、ZBFWなどのネットワーク機能に対応した仮想アプライアンスを利用することにより、CPEネットワーク機能が、拠点サーバー上に設定されます。


仮想アプライアンスのオンデマンド・スピニング

仮想アプライアンスを配備する際に最も大きな課題となるのは、オンデマンド・インストールと管理方法に関することです。NCXを活用することにより、仮想化環境におけるマルチベンダー・ソリューション群を対象とするオーケストレーションを数分で完了させることが可能です。マルチ・スーパーバイザーに対応しているため、単一、あるいは、クラスタ構成のホストに対する配備が可能です。仮想アプライアンスのOVAはカスタマイズ可能で、顧客要求に柔軟に応えることができます。
また、すべての仮想化デバイス機器は、NCXを利用することでサービスのインスタンス化時に稼働開始が可能、各サービスの展開に関し、事前プロビジョニングを実施する必要はありません。

ポリシー変更や制御を一元化

仮想アプライアンスとサービス群は強く紐付いていないため、仮想CPEを用いた分散ネットワーク上のポリシー変更や制御は、簡単な業務ではありません。Anuta NCXでは、この問題への解決策として、サーバー・エージェントモデルを採用、「中央」であるデータセンターにNCXサーバーを設置、各ブランチ拠点のサーバーに軽量動作するNCXエージェントを配備します。NCXサーバー仮想マシンが、ネットワーク全体の観点から部分的あるいは全体のブランチ拠点に影響をあたえるポリシー変更に総合的に管理・実行。 一方、NCXエージェントは、仮想マシンとして動作、ブランチ拠点サーバー環境内を監視モニタします。

ハイブリッド・アーキテクチャ

NCXは、サービスが導入・配備される過程で稼働を順次開始する仮想アプライアンスのみならず、ネットワーク・サービスの一部を構成する物理ネットワーク要素を含むすべてのネットワーク要素のプロビジョニングを実行します。このことは、サービス設計を適切に行う上で、ネットワーク管理者に大きな福音、柔軟性をもたらすことになります。物理デバイス機器で導入・構成できるサービスは、NCXを用いることで、仮想アプライアンスの構成だけ、あるいは、物理デバイス機器とのコンビネーションで実現できるからです。このように、NCXを用いることで、企業ユーザーは、デバイス上、あるいは、 マルチベンダーの仮想化機能から適切な組み合わせを選択するという、設計上非常に重要である、「柔軟性」を獲得することが期待されます。

サービスVMのプレースメント

NCXにより、何を対象に仮想アプライアンスを適用・プロビジョニングするかという選択を柔軟に行うことが可能です。実際、その判断には、テナント、あるいは、アプリケーションVMとサービスVMを稼働させるハードウェア要求仕様間の親和性の度合いなど、あらゆる判断基準がありえます。また、NCXを活用することで、単一のホストに特定の仮想化要素を配備する一方で、残りの他の仮想化要素を他のホストに配備することも可能です。

仮想アプライアンスのライセンス

管理者にとって大きな負担のひとつに、大量に稼働している仮想アプライアンスのライセンス管理があります。また、仮想アプライアンスが、複数の異なるベンダーから提供されている場合、それぞれの仮想アプライアンスに追加された新機能を継続して把握することも非常に難しい課題です。NCXを利用することで、 ネットワーク・サービス上で稼働しているデバイス機器インスタンスのライセンス管理が可能です。一元管理されているライセンス・サーバーから適切なライセンスを抽出し、サービスのインスタンス化の実行中に適用します。代替え手段として、管理者がNCXを利用し、ライセンス・プールを生成することで、ライセンスを直接管理することも可能です。

デバイス機器の性能監視およびリソース計画

ネットワークに新サービスを導入する際、「仮想アプライアンスの性能、ネットワーク稼働状況、リソース利用率、リソース計画立案」といった重要事項を適切にマネージすることは、従来の仮想化技術やOSS/BSSで提供される方法論だけでは、非常に難しいタスクです。Anuta NCX vCPEソリューションのNCX Element Managerは、オンデマンドで仮想アプライアンスの投入を支援するだけでなく、新サービスのオーケストレーションの実行、物理および仮想化基盤の管理を強力に実行します。

NCXは、仮想アプラアンスのCPU、メモリなどの各種パラメータについて、オンデマンドまたは定期的に情報収集、監視する機能を有します。加えて、IPアドレス・プールの消費状況、VLAN、VRFなどの特定のサービス・レベル、あるいは、リソース利用度を監視、NCX Virtualized Infra Managerを用いることで、リソース利用上限値などの設定が可能です。 NCXのオーケストレーション・スイートを用いることで、全サービス・チェーンをシングルユーザー・インタフェースからプロビジョニングすることが可能であり、管理者はネットワーク全体のビューを得ることができることから、デバイス機器の設定に関する問題発生を大幅に低減させることが可能です。

NCXパッチ管理

NCXは、アップグレードやパッチ適用を稼働に影響を与えることなく実施します。物理環境や仮想化環境、あるいは、両方を含むハイブリッド環境であっても、稼働中のサービスは、NCXに適用されるアップグレードやパッチ適用による影響を受けません。アップグレード後、NCX VMがオンラインに復帰しても、全サービス定義やテナントへのサービス提供は影響を受けることなく、サービスを再定義するなどの作業は不要です。

Anuta NCXを使用して、TCLからCPEのプロビジョニング時間を削減しました 5分〜60分。

ケーススタディを読みます