マルチベンダー ネットワーク・サービス・オーケストレーション

迅速に設計、自動化し、物理および仮想ネットワークデバイスのための複雑なネットワークサービスのオーケストレーション

ネットワークオーケストレーションケーススタディ:タタ・コミュニケーションズ

ネットワークオーケストレーションケーススタディ:タタ・コミュニケーションズ

6月 26、2017 | Case Study



タタ・コミュニケーションズ(TCL)は700の都市で130カ国全体で管理支店の顧客のためにIZO SD-WANを提供し、世界的な大手ティア1 SPです。 TCLチームは、Cisco NSO、グルーネットワークスとシスコ、リバーベッド、バーサとジュニパーからなる彼らのマルチベンダーインフラストラクチャのAnuta NCXを含む複数のネットワーク・サービス・オーケストレーション・ソリューションを評価しました。彼らは、その柔軟性、マルチベンダーのカバレッジ、スケーラビリティ、開発ツールキットだけでなく、顧客サービスのAnuta NCXを選びました。

聞く ピーターJuffernholz、仮想ネットワークサービスのAVP、 彼の組織と組織の配置、現在のスタッフのトレーニングと開発サービスモデルを含め、彼が直面している課題にDevOpsチームを導入する彼の経験について話。

Anuta NCXを使用して、TCLは、5分、60分からCPEのプロビジョニング時間を削減しました。


ポッドキャストトランスクリプト



前書き



00:パケットプッシャー、繰り返し、予想通りかつ確実に毎週あなたのポッドキャッチャーに到着したデータ・ネットワーキング・ポッドキャストに00ようこそ。

The business value of infrastructure automation remains a tough, topic to discuss. It's just a difficult thing to talk about when there is just so many complicated issues that you really need to take so many corners. But the business value of infrastructure automation is the hardest part. And the first stages of that automation process of turning the business around or taking it where you want to go is different for every company and for every team of network engineers. There are just so many areas that can be improved and it's just hard to pick out which one to go with first.

タタ・コミュニケーションズ - この後援ショーでは、我々はAnuta Networksの顧客と直接話をしています。そして、彼らは、MPLSネットワークと、それはそのポートフォリオの一部として提供していますSD-WANサービスを編成するAnuta NCXを使用している130カ国以上でグローバルサービスプロバイダー事業としてのAnuta NCXの経験とどのようにタタ・コミュニケーションの話をしようとしています。

私たちのゲスト今日はピーターJuffernholz、ピーターあるパケットプッシャー観客に自分自身を紹介し、あなたはタタで何をすべきかを教えてください。

01:03ピーター:うん、こんにちは私の名前はピーターJuffernholzであり、私は今、約十年間、タタ・コミュニケーションズと思います。私は彼らの仮想ネットワーク・サービス・ポートフォリオの後、現在探しています。そこでここでは、市場だけでなく、SD-WANに持参しようとしているが、また、NFVの実装などの周りの過去に他の仮想化サービスは、私は同様にVPN環境の後に見てきました。

うわー、管理VPNのは、数年前からかなりハードでした。だから、あなたは確かに手動で私が想像戦闘回数を覚えている...のビットであったに違いないことをやって。

ピーター:はい、それらのすべてをはい。

01:41 And I imagine that automation and orchestration for you is really a way to change the way this works. Like when I have worked with carriers in the past and they've wanted to deploy VPN's that's taken them months to get everything set up. And that seems to be a situation which is ripe for a change.

ピーター:はい、それはある、と私はそれの一部は、既存のサービスを埋め込み、例えばSD-WAN技術を介しての上で動作しているゼロタッチプロビジョニングを行うには、貿易のツールを持っていることだと思い、顧客のオンボードあなたができるように、より速く、より速く、さまざまなペースで移行を行います。また、途中でエラーや障害を排除し、初期設計が行われて、あなたは、例えば、テンプレート用に作成した、それは容易に適用することができたら、あなたはサービスを導入することができる方法を簡素化します。

02時33分まあ、ええ、あなたがデザインを持っているとあなたが繰り返し週間後の設計週に一度実行すると、私はそれを見るだろうかです。

ピーター:はい、すべてのお客様がユニークであるので、彼らはすべて異なっていて、私たちは常に彼らとそのプロセスを通過する必要があろう。しかし、大規模なネットワークロールアウトの多くは長い時間が続く傾向にあります。私たちは、12または18ヶ月に行くな展開を見ていると、それはグローバルなMPLSネットワークのために珍しいことではありません。

SD-WANをIZOするイントロ



0午前3時04だから、会話ピーターのため、一部のコンテキストがありますか?我々は、彼らがIZO SD-WANサービスを持つタタ通信についてあなたと話しています。あなたはそのことについてもう少し私たちに教えて、どのようにそれがAnutaに結びつけることはできますか?

Peter: Yeah, certainly. So IZO SD-WAN is part of our cloud enablement efforts under the name IZO we have grouped together some of our private cloud services as well as our network services, particularly our Hybrid WAN offerings and cloud enablement private connect into public cloud services as well. And the SD-WAN service is the latest member of that and what we have done is, we have a two-pronged approach so to speak.

我々はその逆のネットワークをonboardedベンダーベースのアーキテクチャであるSELECTと呼ばれる一つのアプローチを持っているし、我々は、標準のCisco ISR IOSの周りに、我々は同様に、動的としてZDPのかゼロの展開の周りの機能を持つようにAnutaによって自動化されたことで、社内に構築能力を有しています私たちはハイブリッドネットワークでクラウドへの彼らの旅に顧客の要件に対応することを可能にするパス選択と輻輳管理。

雇わNCX展開の範囲:



04:19だから私は聞いてるあなたが、その後DM-VPN、我々が今日知っていると愛の技術のすべてを使用してIOSデバイスの設定を編成するAnutaを使用していることがあります。必ずしもすべて異なっているこれらの新しい空想shmancyのSD-WAN技術の一つ。これ、あなたが総理製品についての話として、それはちょうどです。私たちが知っているし、愛し、あなたがAnutaを使用して、それらを指揮してきたルータ?

ピーター:はい、よく私たちはそれらを愛するかどうかを別の質問です。それはそう、私たちがしているものです。我々はG2シリーズを始め、標準のISRを組織しているし、それは本当に標準運賃ですので、私たちは4KのとCSRのなどを行っています。

マルチベンダーのサポート:



05時04分しかし、Anuta製品について一つの他のものは、それのマルチベンダー性質です。だから彼らは、前のショーに持って、我々は彼らの製品についてAnutaに話し戻っショー301で言います。そして、彼らは多くの、多くの異なるベンダーの間で拡張する能力を強調することに熱心でした。ことは、あまりにもあなたのための重要なファクターですか?

ピーター:うん、確かに、それはあります。だから、シスコの物語はそれの一部でしかありません。だから我々がやっているの展開のほとんどで、私たちは、ルータが複数あります。私たちは、私たちは、WAN最適化サービスを持って、ファイアウォールを持っています。私たちは、仮想および物理的な複数の展開シナリオを、持っています。だから、これを行うために、我々は確かにNCXプラットフォームの柔軟性に依存しています。

05時47だから、あなたが顧客にサービスを展開していたときに、あなたがサービスを立ち上がったびに、あなたが出て行くとCiscoルータに触れなければならなかった、あなたがファイアウォールに触れなければならなかった、あなたはセットアップにサービスをWAN最適化に触れなければなりませんでした個別に?

ピーター:うん、正しいです。そしてまた、あなたが接続されているものを下敷きに応じて、関連する他の異なるシステムがあるかもしれません。彼らはそう、これは我々がtemplatizingとその展開を自動化することにより、擦り替えることができるすべてのものですなど、独自のIPアドレス管理が付属しています。

0午前6時18だから、あなたは実際にあなたのIZO製品の一部としてプロキシサービスとファイアウォールを提供していますか?

ピーター:はい、私たちは、セキュリティサービスを管理し、社内で統合されています。だから私たちは私たちが仮想ソリューションを持っている顧客宅内での伝統的な物理的なボックスを取得し、我々はUTMサービス、クラウドベースのUTMサービスを作り付けしているし、我々はまた、Zscalerにバンドルブランチ展開を管理しています。

06時48分うわー、それはあなたが実際に、Ciscoデバイスの広い範囲だけでなく、スパニングされていること、あなたはまた、すべて単一のツールの下のセキュリティベンダーの広い範囲を管理しています。

ピーターは:はい、パートナーとの統合は、まだ私たちは、直接そのようなAPIのZscalerとのか何かをインタフェースの一部ではないので、構成が管理されていることが理解されます。

ゼロタッチ展開:



07:08 One of the challenges; I mean I'm just thinking how difficult it would be to deploy routers out on site and get them to installed and configured and tested and validated. What sort of timeframe are you looking at to deploy this? If you are deploying 130 countries and thousands of customers, you really need to have this much slicker than the way we've done it in the past. How long does it take to get a new edge device down on the ground?

ピーター:だから、物理的な観点から、デバイスの配信は本当に正しい変更されていませんが、何に変更することは、我々は、デバイスのオンサイトを持つことができ、我々は既存の展開の上で実行することができれば、我々は上-乗り込ん設定することができる速度でありますおそらく2週間以内に、何に応じて、それを回します。すでに利用可能なインターネットサービスがある場合、あなたは知っています。その後、我々はそのサービスを使用して接続することができますし、我々は、セットアップも、最後のマイルまでは一方で、いくつかのLTEベースのサービスをプロビジョニングし、接続されていることができます。

時間保存されたお金が獲得されます



0Anutaが稼働中のサービスを取得するために一緒に来る前に8時14分には、どのように長い間、あなたを取っていましたか?

ピーター:だからタイムラインの観点から、我々が保存されている時間が複数ある右だから、数1、我々はそれをしてもインストールされたら、それは準備ネットワーク上のルータ自体をするのにかかる時間を短縮しています。 私たちは、約45〜60分ダウン今から約5分まで、どこか60分からその時間を圧縮することができます。 Because all we do is push a template. So the pre-configuration work is also much faster. It takes the trained engineers very little time to pick the templates and customize them to customer requirement. That takes about 10 minute time or so. And then it can be deployed. Now the physical device as I said hasn't really changed. What changed is the way we onboard them and that we can also provide zero-touch configuration for all those. So we can ship a device on premises that connects to internet at the IP address and connects to the controller.

0あなたが効果的にクラウドプラットフォームを構築している9時26分そうそこに他のSD-WANベンダーの多くは、クラウドプラットフォームを構築していると、彼らは独自のデバイスを持っているし、彼らが目を覚ますと、彼らはインターネット上のシステムとゼロタッチに接続します。しかし、あなたは、ほとんどの顧客がすでにAnutaプラットフォームを使用して、今日持っているだろう、既存のデバイスとのことを行っています。

ピーター:いや、我々はそれを行うことができます。

09時47分、私は自分のソリューションを構築するために必要とする企業があるので、それは多くの方法で私を魅了と思います。 そして、私への挑戦は、常に非常に多くの異なるCLIを使用して、VPNと本当に何をあなたは本当にただのカスタマイズを必要とするテンプレートに、ダウン全体の構成プロセスを縮小してきましたされて言っているの構築にかかるとコマンドということであったもの? お客様のIPアドレス、またはそのような命名規則か何か?

Peter: Yeah, for example, yes. So it depends on what features the customers are getting. For now it's all a new configurations only. We haven't really touched the onboarding of existing customers that we have already deployed or had deployed before we worked with Anuta that are migrating from an existing configuration for example, into IZO prime offering. And for that, that's going to be available in July as far as I recall. It will definitely help us; here again to do the migration work after careful planning etc. to roll that out and push the configuration instead of device by device with an engineer doing scripting etc. Now we push it out to 100 or whatever, 200 devices at the time.

11:02だから、あまりにも、構成監査と和解資産リストと、そのようなもののようなものが非常に簡単になります。そして、あなたは実際にあなたの資産管理を行うためにAnutaを使用していますか?

ピーター:いいえ、私たちは、資産管理のためにそれらを使用していないが、それは自動検出を行います。だから、Anutaプラットフォームは、ネットワーク内のデバイスを発見し、それが見つかった構成を取り、私たちは、その後のデバイス用の新しい構成をプッシュするために、それはそれ非常に簡単になります。だから我々はまだ外部IPAMや他のサービスと在庫管理権を持っていますか?

11時34分右が、これらのソリューションは、多くの場合、しかし、あなたのネットワークの他の部分と統合されていますか?

ピーター:右

11:40私はあなたがサービスや多くのビジネス・ユニットの数十を持っているタタとして知っていると言うでしょう、実際に私が想像することができ、会社全体にまたがる在庫管理のためのシステムがあるかもしれません。

ピーター:はい、正しいです。

11:50だから、実際には、会社の残りの部分は同じものを使用したいので、その在庫システムを使用します。だから、必ずしも望んでいません。だから、しかし、役割ベースのアクセス制御やIOSのアップデートのようなことをやってという点で、それはすべてあなたが必要なもののあなたのレベルに同じように、迅速に管理ですか?

ピーターは:いや、もう一度Anutaプラットフォームは、監査証跡を作成し、そのための右の認証レベルを作成する機能をご提供しています。だから我々は、サービスの完全性を維持するために、プロセスを通じ、すべての変更の整合性を文書化することができます。

TCLは、競争上Anutaを選んだ理由?



12時31だからあなたが考慮しませんでした。あなたはAnutaに着く前に、私はあなたが他の異なる製品のカップルを考えられ想定しています。私はそこに、この空間にかなりの数のこれらの日がある意味します。それはあなたが見たものでしたか?

ピーターは:私たちは本当に最初の調査の後に密接に見て、我々は、3つの異なるベンダーで非常に密接に見えました。一つは、テール-F今シスコNSOの権利だけでなく、接着剤でした。 Gluewareは、そのための別の候補でした。しかし、私たちが見ていたタイムラインと速度のためには、すべての役割ベースの変更をコンポーネントとそれがAnutaと本当に唯一可能であったなど準備を持っています。

夜1時17だから、あなたは本当にAnutaが先にこれらの他のオプションのだと感じましたか?何あなた自身を書いてはどうですか?私は、タタ・コミュニケーションズは非常に大規模な自己開発チームへのアクセス権を持っており、あなた自身を構築する魅力的なされていなければならないことを意味します。

Peter: Well, to a degree, so that's maybe overstating it a little bit. We are still a carrier, right. We are not notoriously good at building software. We have done that on the data center side so there is a set of guys that have actually built their own cloud orchestration platform in-house that bridges private and public cloud. But on the Network side, we didn't feel that we had either the time or the talent to do that, right. So the Anuta platform provided a nice framework for us to onboard that rather quickly. Because it's more than just having few lines of code. You have to have a working UI. And the stability of deployments that had been done and the platform is around for a while. So the Kinks are out of the box.

14時33分、私は本当に忘れてましたが、私たちがやっています。 Anutaは3様または4年間、今パケットプッシャーに来ています。彼らは、それよりも長いの周りされています。それは考慮されている必要があります。

ピーター:はい、確か。だから、能力の実績は、当社にとって重要でした。彼らは本当に内部のネットワークの自動化をどうするかを知っているいくつかの本当に賢い人を持っていたにAnutaは、多くの開発を行っています。そして、それは本当に重要な要素の一つでした。彼らは私たちを説得し、彼らは我々は彼らを与えたタイムラインに提供できることを私たちに示すことができました。

モデリング:



15:15 Right, so let's talk a little bit about how NCX works. Like the whole NCX platform itself is very much based around the Yang models and we know that a lot of our current vendors today sort of have a love-hate relationship with Yang and their implementations of Yang. How has your experience been around a model-driven device mapping or model-driven device models and how you get down to the Network? Is that working or how is that playing out in the market today?

ピーター:私たちは、私たちがこれまでに撮影したタスクのため、我々は右、当社のサービスのために、近い将来にまで来て見ていることヤンモデルに問題を見ていません。だから私は本当に、他のアプローチ対ヤンの意見の多くを持っていません。私はそれが我々が展開しているものの満足度に本当に働いていたと言うようになりました。そして、私たちのセルフサービスポータルとの統合までのすべての方法。だから私は本当にヤンモデリングには問題がありません。

あなたがAnutaとあなたの婚約を開始する前に、16時23分には、タタ・コミュニケーションズは、ヤンとどのように多くの経験を持っていません。あなたは少し時にだけ熟練精通したりしたものはありますか?

ピーター:いいえ、私たちは確かに、ええ、その時にスキルを持っていました。

夜04時34分には、硬いということであったか、挑戦的なことをしたか、それだけのものでしたか?

ピーター:まあ、それは彼らが一日の仕事をしている間に、新しいトレーニングを取るためにエンジニアを出すためには常に難しいです。しかし、ええ、私はそれがそんなにスキルセットではなかったと思います。それは本当に仕事からそれらを取り、それらにクラッシュコースを取得して、内部的にも、それを実装し、それがために何を意味するのかを理解されました。それはネットワーク会社が組織全体の自動化と仮想化を持っているとして、私たちの未来の一部であるため、しかし、我々は、KPIのその周りを置きます。

17時20分そしてヤンはとにかく、往路であるようにそれはそう。 IETFから一般化支援Likeしてから...。一部のベンダーは、心をこめてヤンを採用し、いくつかはあまりされていません。私たちの最愛のセキュリティベンダーと同様に、例えば、ヤンはすべてに約あるものを忘れているように見えました。

ピーター:オーケー

午前17時37分しかし、その後、再びセキュリティ企業は、それは普通のことだので、多分、自分の小さなバブルに住んでいます。

So I'm going to say that you are saying that you are confident that the networking engineers, the operators you are working with. They have the capability of learning Yang. It was just a question of how do we fit this into their schedule while they are still doing their day jobs and keeping things running. Also going out and learning this modelling concept and then bringing it into the workplace in getting it running.

ピーター:うん、正しいです。だから私は、概念が知られているが、明らかに知的何かを知り、テンプレートでそれを適用するなど、あなたが知っている、それらを準備するために数週間を要したということである意味します。しかし、その後Anutaの人たちと一緒に作業することにも非常に良好でした。私はそれが最終的に遊びにそれらのテンプレートを置くためにプディングの証拠だったと思うので。そして、今のチームは今だけでなく、独自のヤンモデルをやっています。だから、すべての変更やモデリング要素にAnutaに頼らなくなりません。

午後6時36分とモデルについての良い部分は、あなたがCLIにそれを使用することができ、今日ですが、明日はNETCONF、GRPCまたは任意のデバイスを設定する別の方法として現れるなどのプロトコルに移動することができます。

ピーター:うん、正しいです。

午前18時50分あなたはGRPCか何かへのCLIからの変化を利用するためにあなたの全体のプログラムを書き換える必要はありません。それはちょうど南のAPIを構築する場合です。

規模:



規模について話しています。規模のどのようなあなたは、ソートのこのとを取得しようとするとどこあなたは今、そのパスダウンしていますか?

ピーター:まあ、私たちは見て、元の規模は数十万のデバイスとインスタンスだったと思います。だから、私たちが見た一般的なスケーリングました。私たちが行った最初の展開は当面約1万デバイスをサポートしています。そして、これまでのところ、我々は、ちょうど戻って数ヶ月を、それを展開し始めました。そして、これまでのところ、我々は、約300のネットワーク構成で、いくつかの250台のデバイスを行っています。

19:36しかし、これはまた、マルチテナントのですか?あなたは来てより多くのでなく、複数のテナント間で250台のデバイスをやりました。ここはただ一つの大きなネットワークではありません。

ピーター:うん、それは複数の顧客です。それは今、プラットフォームと私たちは私たちのポータルを介して行っている自己管理運営にonboardedされている3人の顧客です。だから、顧客ポータルは、特定の変更を加えることで構築された機能を持っている - 私たちの顧客は、右の設定を調整することができます。今のところ我々が唯一の彼らは、QoSポリシーを変更し、作成したり、異なるアプリケーションクラス、特に特定し、顧客や自己管理のアプリケーションにアプリケーションを変更することができ非常に限られています。

20:28そして、あなたは前にこのCPEの設定時間を述べました。 あなたはそれがデバイスごとに5分にまでデバイスあたり約60分から行ったと述べました。 だから、実際にこれらの展開の分野でそれを測定してきましたか?

ピーターは:いや、私たちはやりました。私たちは、テンプレートを持っていたら、最初のものの後、チームは行くし、実行する準備ができていたわけ。 これは、大幅に改善しました。私たちは、それを平均化し、タイムラインだけで驚異的です。 私はそれがエンジニアは自動化することができ、それが本当に違いを作ることができ、手動の作業を行う必要はありませためにとても良いことだ意味します。私が言ったように、代わりに別の後に一つのデバイスを構成するのは、あなただけ一度テンプレートを適用し、それを押し出すと、私たちはこれまでにゼロエラーレートを検出しました。私たちは本当に設定が失敗したすべてのインスタンスを持っていませんでした。それは何の理由で失敗した場合は、デバイスが使用中だったとプッシュが繰り返され、最終的に通過するのででした。

なぜならコピーペーストの21:37ではなく、失敗しました。もう一方の端の人は、何か間違ったことを得ました。

ピーター:いや、正しい、ないコピーともう貼り付けます。


21時47分には、あまりにも多くのコピーと間違って行くと貼り付け、私たちは本当にいることを忘れることができます。

ピーター:うん

21時51分誰かが間違った順に配置する際のバッファにあまりにも多くの文字を置き、それを貼り付け、ブーム。

雇わNCXと今後の予定:



だから、you've`は、第一段階を経て、出て構築されたシステムを持っています。次の段階は、今あなたが行くグリーンフィールド状況作業を、持っていることは何ですか?

Peter: So the next phase as I highlighted already is to go to have brownfield deployments as well. So migrate customers from other services and onboard them into the SD-WAN service. So that means more reading of existing configurations and pushing a modified template back onto the device. That's one of the next steps and we have also in the road map to onboard some application optimization services alongside to the Cisco devices that are going to be for Riverbed in the first round. And then we also look at more building feedback loops and reactions that will allow us to do a bit of PBR.

22:54わかりましたので、本当に洗練された詰め込みます。あなたはフィードバックを構築について話している、あなたがそれらのデバイスから終了し、自動化された方法で適応設定変更を作り始めるために状態終了の監視を開始することができますので、ネットワーク上でループします。

ピーター:はい、今日我々はCPEの測定値に基づいてこれを行うことができますので、そう。そして、すでに私たちは、アプリケーションのオフロードを行います。私たちは、適応型シェーピングで動的な輻輳管理を行います。しかし、それは右、デバイスに住んでいるすべてです。これは、それは我々がまだ持っているフロー情報を使用していないコントロールプレーンを使用していません。そして、それは我々が設定変更をトリガするために、実際のネットフロー測定を統合する方法を参照するには、次のステップになります。

23時45分これは、常に私は常に設定したいが、私達はちょうど私たちは事前のものと遊ぶために得ることは決してないことを行って基本を取得するので、多くの時間を費やすものです。

ピーターは:いや、私はそれが私たちに、この時間は発生しません願っています。

24:00 Well, I think this idea; I mean people misunderstand the concept of models. The idea behind the model is that you say, this is what the device should be able to do. And you have this software layer which then turns that into a Yang model. And then you have a thing below the Yang model which says, how do turn this Yang model into a configuration for this device? So that might be straight over the NETCONF protocol into the device or it might be through a CLI interface. Or it might be through some other method of configuring the device. But the point is that the model doesn't change from device to device. It's consistent across the entire network. You just have some way of adapting it to each device that you are going to use. And I think that's the real transition here. I imagine that you are on the cusp of saying we can always bring on any device as long as it maps into the model.

ピーター:はい、はい、技術的にはい。唯一の問題は、あなたはまだ右、同様ことをトラブルシューティングする必要があります。だから、あなたは同様にそれの周りにこれらのプロセスを持っている必要があります。しかし、ええ、一般的にはそれが真実です。私は限り、あなたは右のモデルとデバイスへの権利アダプタを持っているよう意味、あなたは基本的に必要とされている構成タスクのいずれかを自動化することができます。そして、それはそれは非常に多くの異なるベンダーのプラットフォームと周辺機器とのモデルのためにそれを行うことができますので、柔軟なAnutaプラットフォームは本当に便利である理由の一つです。

組織のアラインメント:



25:21 So there is the technical aspects of putting an orchestration system out and the sort of operational and human aspects of it. Did you have to do this cross silos in your organization? Did you have to go among different groups and get sort of a unified buy-in on this? What was the inside process?

Peter: To a degree, yeah. So because we have multiple different product lines obviously that are operating on there we have to underlaying product lines, we have to CPE management. We have my team and then we have the security services and then I think the cloud connectors and other product team there. So to cross all of them we had to make sure that we have at least common understanding of what we are trying to achieve and what we are buying into. Because there is also no reason for us to stop with SD-WAN and not move this forward to any and all of our Cisco managed CPE's. So there is nothing stopping us from that. It is just that the urgent need was around the SD-WAN service because that's where we have more complex CLI work done. I think somewhere our engineer said that it was, I don't know, some 400 CLI's that they had to do across some different vendor platforms. A lot of platforms involved. So that's no way to do this and we have already in the deployments that we had done before, we had the automation ready. We already discovered that we have a lot of manual labouring there and that causes problems. Because mistakes are made and repeat configurations have taken precious time away from moving towards the delivery target, right`. So that was a very, very key driver. But I think the uniformity of such an automation project and the benefits that it can reap is definitely understood by other teams.

Anutaチームでの作業:



27:34私は、あなたが気にしていないようです感覚を得ます。あなたは、これはすべての非常に簡単だったと言うように見えます。それは非常に難しいことではありませんでした。

ピーター:だから、内部的でした。これは、実際にAnutaの人たちと協力よりも、内部的にはより困難でした。だから私は、彼らが仕事上の強打をやったと言うようになりました。彼らは、37営業日でのお届けと彼らは正しい、私が働いている最も謙虚で勤勉な人です。だから、それは非常に素晴らしい作品です。内部的には、はい、あなたはそれをやろうとしている人強制する必要があり、なぜ運用チームと他の人の上にあり、どのように我々はこのバックを統合します。しかし、我々は我々の目標期限を満たすために、その上に上級管理職からのバックアップおよびそのSD-WANサービス、オンボードしています。そしてそれは常に便利です。

あなたがそれを知って28:20には、内部的な問題は、技術的な問題よりも大きいです技術プロジェクトではあまりにも頻繁ではありません。

ピーター:それは現実だが、これを回避し、内部的にハードル。私は現在、vCPEのサービスとNFVオーケストレーションなど誰に話している人から、内部で発生する問題に取り組んでいますと一部などの責任を取っている人。それは、テクノロジーベンダーで行われたのははるかに大きく、はるかに困難な会話です。

概要:



28:59 Sadly we can't orchestrate and automate that. [laughing]. Well, I think that's just about all we have time for speaking with you today Peter. Thanks very much for joining us. And I really appreciate that you take the time to talk about your experience the getting system Anuta system into your network. I do sort of get the sense that you've actually haven't had too much trouble making the Anuta go. And most of your efforts are being much more spent on bringing the people forward into the orchestration and automation, Perhaps than make the technology do the thing it is supposed to do.

ピーター:うん、私はそれが良い要約し、最終的にお客様が私たちとのより良いサービスの経験を持っているのに役立ちます何かだと思います。私はそれが結果だならば、それはすべてのそれだけの価値だと思います。

要約:



29:44そして、あなたは多分あなたは常にAnutaにし、彼の話があり、おそらく、彼らは彼と接触して得ることができるものについて話すことができ、ピーターからより多くのを聞いたり、おそらく接触して取得したい場合。そしてまた、ショーのノートの彼のソーシャルメディアのプロフィールへのリンクが存在します。今日ご参加のためのピーターに大変感謝しそう。

今、あなたはpacketpushers.netで私たちのコミュニティのブログと一緒にあなたの技術的なポッドキャストのために、このと、より多くの検索を見つけることができます。あなたはTwitterの@packetpushers上のパケットプッシャーをたどることができます。 Facebook上で私たちのように、LinkedInの上で私たちを見つけます。 iTunesや他の細かい活動の範囲で私たちを評価。そして、少なくとも最後のではなく、あまりにも多くの技術が十分になることはないことを覚えておいてください。
NCXについての詳細を知ります

タグ